わきが(ワキガ、腋臭症)自己診断

「もしかしてわきが(ワキガ、腋臭症)かも…?」

少しでも不安を感じたら、以下のわきが(ワキガ、腋臭症)自己診断チェックを行ってみてください。

  • 家族・親族にわきが(ワキガ、腋臭症)の人がいる
  • わきの下の汗で衣服にシミ・黄ばみがつく
  • 衣服に汗のにおいがつく
  • 靴や靴下からにおいがする
  • 耳あかが湿っている
  • 肉や脂っこいもの、乳製品が好き、またはよく食べる
  • 自分で自分のにおいがわかるときがある
  • 他人ににおいを指摘されたことがある
  • 汗をかきやすい
  • 緊張したり、興奮したときによく汗をかく
  • 冬でも汗をたくさんかく
  • お酒をよく飲む、たばこをよく吸う
  • ストレスを感じやすい

当てはまる項目が多ければ、わきが(ワキガ、腋臭症)体質である可能性が高いという診断になります。
正確に診断をしたい場合は、医師にご相談ください。

わきが(ワキガ、腋臭症)自己診断解説

わきが(ワキガ、腋臭症)体質は優性遺伝のため、家族や親族にわきが(ワキガ、腋臭症)の人がいると、あなたもその可能性が高くなります。

また、わきが(ワキガ、腋臭症)の原因であるアポクリン汗腺は耳の中にも多く分布しています。耳あかが湿っている方は、アポクリン汗腺の分泌物が多い体質と考えられます。
アポクリン汗腺からの分泌液はたんぱく質・脂質・糖類・鉄分のほかに色素も含まれているので、汗のシミで衣服に色が付くような場合も、アポクリン汗腺の数や分泌物の量が多いと考えられます。

外的な要因として、動物性脂肪はにおいの元になります。
わきが(ワキガ、腋臭症)の原因となるアポクリン汗腺・皮脂線からの分泌物が過剰になれば、わきが(ワキガ、腋臭症)の症状も重度のものになる場合があります。

医師によるわきが(ワキガ、腋臭症)診断方法

医師が行う診断方法の一つとして、ガーゼににおいをうつして判定する方法があります。

詳しくはわきが(ワキガ、腋臭症)治療法をご覧ください。